読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共犯者。2006

えー結局これを書いているのは夜中というか朝ですが、まだ12月31日です。僕の中ではそうです。

というわけで今年のサイト総括。今年の!!!(←俄然強め)


今年は一言で言うと「時間との勝負の年」でしたね。

そしてこのサイト的には、時間に負けてしまっていたかもしれません。

更新頻度はグッと減って最近では週1更新も怪しい状態です。読んで下さっている方には本当に申し訳ない思いでいっぱいです。


サイトを振り返ると、ハローの流れと共に大きな出来事がいくつかありました。

アクセス的には大きな山が3つ。

加護亜依さん謹慎の事件、後藤真希さんシークレットライブの記事、ハロプロ振付大賞2006。

この3つがアクセス数が高かったですね。


加護さんについては事件が事件なので大したこと書いてないけれど、おそらくハローサイト全体の平均アクセス数が上がっていたことが影響したのだ思います。自分の力はほとんど使ってません。


後藤さんのシークレットライブについての記事は、多くの議論を巻き起こしたと自覚しています。

書いた直後のアクセス数も凄かったし、その後も度々某所に張られてかなりの人が来ました。未だにピンポイントでよく来ます。


今だから言うと、当時は数日間対応に追われ、体力的精神的に疲労困憊したのをよく覚えてますね。結構きつかったぞ(笑)心無い悪意のこもった言葉や、僕にとっては理解の出来ない理論で責められ、時には罵倒され、サイト閉じたら楽だよなーとか思いました。でもやめなかったけどね。


ただこの私的な騒動のおかげで、以後まともに更新するのが億劫になったっていうのが正直あります。僕の力不足が悪くもあるんだけどさ。

ちなみにあの記事を書いたことは今も後悔してないし、変わらぬ気持ちでおります。


ハロプロ振付大賞2006『Hello! Project Choreography Award 2006』開催への反応の多さは僕にとっては嬉しいことでした。初めて自分の力でいい結果が出たからね。


この企画の発想自体はもっとずっと前に頭の中にあって今年絶対やろうと思ってましたが、時間に追われ準備不足の感が否めません。来年は今回の教訓を活かして、もうちょっとブラッシュアップして開催したいと思います(ということは来年もやるということだ、よろしくお願いします)。


ちなみに今年の集計は大晦日までにやる予定だったけれど間に合ってません。

出来るだけ早くやる所存ですので気長に・・・気長にお願いします。ごめんなさい!



来年は。

サイト目標としてもう少し更新すること、思ったことはすぐ書くこと(ライブレポートとか)、この2点を胸に頑張っていきたいですね。

1年間を読んで頂いている皆さんにはやきもきさせて申し訳ない状態が続いてますが・・・なんとか巻き返したい、そういう気持ちはあるのでよろしくお願い致します。


あと個人的にもう少しライブに行きたいんだけど、こればっかりは下回る可能性はあっても上回る可能性は低し。悲しい。



それでは皆さん、佳いお年をお迎え下さい。(ってもう元旦・・・)




NEXT⇒『共犯者。2007』