読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな彼女の背中出し

土曜日は伊豆方面に行っていちご狩り+河津桜の予定だったんだけれど、道が混んでてまず河津は断念。まぁホントは日帰りで行くような場所じゃなし、また今度。

でもいちごはがっつり食べた。制限時間30分ちぎっては食べちぎっては食べして、そのうち他のお客はいなくなり、僕と彼女が出たあとはハウス閉鎖。僕はくだものではいちごがいちばんといういちご100%な乙女男子なので、かなり嬉しかったわ。

その後は、修善寺まで足を伸ばして温泉街散歩。もちろん寺でお参りしたんだけれど、願うことはずっと「隣にいる人と幸せになれますように」。付き合い出してから毎回同じ。
この時点でもう6時近くだったので、沼津でお寿司とアイスを食べて東京に帰りました。だいたい満足。次は桜の季節に温泉宿にお泊まりしたいなぁ。まぁ混んでて地獄だろうけど。


彼女の家にて、例の仕事の悩みを話してみた。あくまでさらっと。

「俺仕事変えるかもしれないや」
「え、どうして?」
「お花屋さんは給料に不安があるからさ・・・ちょっと将来のことを考えて」
「そうなんだ?次は何するの?魚屋さん?(笑)」
「いや(笑)まだ決まってないけど。だから3月はバタバタするかもしれない」
「うん、わかった。応援してます」

こんな会話。彼女は別段気にしていない様子だし、僕が自分なりに決めたことだったら応援してくれそう。あまり大きく受け取らず、あっさりな感じに安心感をもらえたわ。あとは自分次第だな。

写真はいちご。とそんな彼女の背中。