読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付かないように 気付かれないように


通勤の時には決まって音楽を聴いてて、最近よく聴いてるのはaiko。前からaikoは好きだったけれどなんで今になってまたヘビロテしてるのかなと考えたら、自分の精神状態がそんな状態だからだと気づきました。だいたい音楽のチョイスってば気まぐれなもの。僕の今の気持ちはaikoの曲と実にシンクロしてるってことみたいなのよね。aikoは女の子だし基本的に乙女心全開の曲を書きますが、僕は男子にも乙女心はあると思うの。女心はわからなくても、乙女心は確実に存在する。それは断言する。
まぁとにかく「あーキラキラ最高!」とか「青い光は神曲」とか思って出勤前の嫌な気分を紛らわせていたんです。


ところが今日。彼女とのデートにおいて「俺やっぱり最近周りからウエンツ瑛士に似てるって言われる」(←彼女にも言われた)(実際には全く似てませんすいません)という話題から、自身のヲタバレ問題を抱えている僕は彼女の牙城を崩そうと果敢に攻め、「で、実際好きな芸能人は誰なの?」と質問をぶつけてみた。


最初のうちは「好きな人がいない時は好きな芸能人がいるけど、好きな人がいるなら興味は薄れる」と至極真っ当な理由で曖昧にしようとしていた彼女、観念したのか「国分太一くんが好きだった」とついに本命を打ち明けてくれました。明るいし周囲への気配りができるいい人、らしい。


そして、おお!と驚く間もなく彼女は「今は一般人の女の人と付き合ってるんだよね」「でも前はaikoと付き合ってたからaikoはあんまり好きじゃない・・・」言葉を続ける。こ、この一連の流れは「藤本ミキティと岩盤浴デートしてた駅弁野郎庄司は氏ね!」とチラッと考えた僕の思考パターンと同じ。思いっきりファンそのものじゃないですか!


「え、俺aiko結構好きで聴いてるよ。ていうか今日聴いてきた」
「aikoの話はしないでー」
「ちょ、太一くん大好きっ子じゃないですか!ダメ?aiko?」
「うーん」
「例えば俺に好きなアイドルがいてその子が芸人か誰かと付き合ったら、氏ね!って思うのと一緒かな?」
「しねとまでは思わないけど・・・なんかダメなの」


思わぬ伏兵!今日からaikoは封印です。嘘です封印はしない。しかし彼女の前でaikoの話題はタブーっぽい。毛嫌いしているわけじゃないけれど、確実に好きではないようです。いいのになぁ・・・aiko。でも僕だって庄司や太陽やK太の話題は出来れば聞きたくないものね。そんなに大嫌いってわけでもないけれど、なんとなく嫌だってのはある。


とかいろいろ考えてたらすっかり自分のヲタバレをし忘れて、本末転倒。タイミング逃した。もう墓場まで持っていこうかな。