読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メールじゃこの気持ち届くのかしら

ケータイのメールってよぉ〜ムズカシイよなぁ〜。女の子とのメールのやり取りにはいつもそう感じる。相手が男だったらさ、こう言っちゃなんですけど適当に返しておけばいい。でも女の子とのメールってのは独特ですよね。1通のメールの向こうに見えないメッセージが存在する気がする。特に向こうに対して自分が気があって、まだ付き合っていない段階の時には細心の注意を払ってしまう自分がいる。ハイ今ですね。

僕はとにかくメールに対しては懐疑的で、信用していないと言ってもいい。重要なことは面と向って伝えるのが誠意だし、メールで伝えるなんてなんか心地悪いと思ってしまうんですよね。女性関係では過去にメールのせいでムカついたことが多々あるので特に不信感を持ってます。付き合っている彼女に送っても1週間ぐらい返ってこないとか。返ってきたと思ったら「大丈夫」の3文字だけとか。いくらメールとはいえ誠意が無さ過ぎる・・・っていうかこうなるともう気持ちの問題だよな。

まあ不信感とか言ってても、この年齢になると学校に行けば毎日会えるとかいう素敵な環境にはいないので、必然的にメールに頼ってしまうことになるんですよね。会えないかわりにメールで痛みを和らげるッ!そういう鎮痛剤の役目です僕にとっては。あとはちょっとした気持ちを伝えるツール。あくまで「ちょっとした」。「大丈夫かな?」とか「頑張って!」みたいな簡単なもの。「好き」とかそういう重いのはメールではダメ。

気になっている女の子から来るメールで見分けられる向こうの気持ちってありますよね。や、完全に男目線の馬鹿丸出しの分析で当たってないと思うけれど、例えば「返信までにかかる時間」とか「絵文字の使用」なんかは目安にできる。返信に丸2日以上かかっている相手だと「あまり恋の展開は望めないな」とか、絵文字ゼロで簡潔にシンプルすぎるほどあっけない文章だったりすると「これはなんとも思われてないな」とか。そうやってあんなこんなにヤキモキしている僕はメールに対して一定の信頼を置いてることになるんですよね、結局。


例の彼女(まだ付き合ってない)とのメールは順調と言っていいのかな。始めて会ってから順調にキャッチボールを交わして、今は1日おきにメールをやりとり。1日につき約3〜5通ずつ送りあう。絵文字アリ。何よりも返信の早さはピカイチで、僕が彼女が手の空いている時間帯を何となく把握してるっていうのもあるけど、だいたい10分くらいで返ってくる。これはイイふいんき(←なぜか変換できない)じゃあないのかああああああああああああ!!!!!!俺が最近出会い系の迷惑メールが増えてその度にガッカリするって送ったら、彼女「じゃあ出会い系に負けないくらいメールしなきゃダメかな^^」きたあああああああああああああああこれええええええええええええええええ!!!!!!!超信用してるよぉ〜ケータイメールよぉ〜〜っ!!やっぱおめーがいなくちゃあ始まらねーよ!!!夢なら醒めないでくれよぉぉぉ。

明日も続け!この感じ!