読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPCA2006、只今投票受付中!

昨日から始まった『Hello! Project Choreography Award 2006(ハロプロ振付大賞2006)』ですが、たくさんの方にご注目頂いているようでとても嬉しいです。あとは投票を!!(笑)気軽に投票してくれちゃって構いませんので、是非皆様振るってご参加くださいね。


「振付」というととても難しいことのように思えます。難しく考えだすと、僕自身「技術的な視点で見るとあーだこーだ」と止まらなくなります。

でも「振付」って「表現」のひとつなんです。ダンスする人や振付する人の技術的なことっていうのも必要といえば必要なんですけど、受け取る側には実はそんなに重要じゃなかったりする。多少下手だったり荒削りであっても心を打つパフォーマンスがあります。


テクニックを前面に出した切れのある動きも、多人数で舞台を移動するステージングも、バラードを歌いながら少し翳す手の動きさえ「ダンス」と言えるし「振付」になり得る。もしかしたら「表情」だってダンスの一部かもしれません。要はこの『Hello! Project Choreography Award(ハロプロ振付大賞)』で定義する“振付”とは「総合的な身体表現」を示すのであります。


・・・・つーかこういった僕の文章が余計事を難しくしてたりして、ね。

「ちょっと興味あるな」と思った皆さんにおかれましては、難しいことを考えずに、「ごっちんのこのダンスがすごい」「あの曲での愛ちゃんの身体のキレが」「ベリちゃんのあの振付がキャワ!」「梨華腰ハァハァ・・・!」などなど、ごく気楽に考えてくださって構いません。そんな選考基準でどしどし投票してちゃってください!待ってます♡


トラックバックや文中リンク、はてなブックマークして下さった方々のおかげで、いつもに増して注目が高まっています。本当にありがたいことだし、すごく嬉しく思っています。ありがとうございます。

早速投票してくれた方も出て来ています。僕が集計作業で死んでしまうくらい投票があったらいいよね。